注文住宅の建築契約前にチェックするポイント

ホームへ戻る > 注文住宅の建築契約前にチェックするポイント

二世帯の生活のズレ
ハウスメーカーで注文住宅を建てる
間取りと二世帯住宅
間取りのシミュレーション
建替えと仮住まい

土地も購入してこれから注文住宅で夢のマイホーム土地も購入してこれから注文住宅で夢のマイホームを建てようとする時に、住宅会社や設計事務所と契約書を交わす必要があります。注文住宅の場合は建売住宅と違い、まだ建物は建っていません。これから建てていくわけですから、契約にも不安を感じるのも当然だと思います。1度契約書にサインして印鑑を押せば契約は成立します。たとえば住宅会社が手抜き工事をしないかとか、本当に最初の予算内の金額でおさまるのかなどです。


住宅会社や設計事務所と契約書を交わす前に、しっかりした現場責任者や工事管理者がいるかどうかも確認しましょう。また職人さんの経験や実績や評判を知ることができなら調べましょう。万一工期が遅れた場合をどうするかの取り決めをすることも大事です。注文住宅では追加の工事や工事の変更もつきものです。その場合にちゃんと対応してくれるかも確認しましょう。またオプション工事や別途工事の取り決めもはっきりさせておきます。追加の工事や別途工事の場合に、直ぐに見積りができるかも大事なポイントです。

住宅会社や設計事務所の現場体制や社内体制がどうなっているかや、注文住宅が完成した後のアフターメンテナンスを、しっかりやってくれるのかなどできだけ調べることも必要なことです。できるならその住宅会社や設計事務所で、実際に家を建てた方へ聞くのが1番いいかもしれません。もし契約前に不安を感じたり、不信感を抱いたりした場合は早めに断ることも大事です。家は建てた後も何かあった場合は、建てた住宅会社や設計事務所のアフターメンテナンスが必要です。結局信頼できる業者探しが重要になってきます。