小児歯科について

ホームへ戻る > 小児歯科について

BBクリーム使用法の疑問
仲介手数料とは?
貸事務所の情報を集める
海外ウェディングとウェディングドレス
いろいろな矯正法

歯科医院のタイプのひとつに小児歯科があります。その名の通り子どもを対象とした歯科医院のことです。


小児歯科と一般歯科では何か違うのか、と疑問に思う人も多いかもしれません。単に治療の対象が異なるだけなのではないかという人も。しかし実際には小児歯科には小児歯科ならではの役割が多数あります。


まず治療内容。虫歯を治すためには治療や麻酔の痛みも我慢しなければならないことを知っている成人に対し、子どもの場合はどうしても治療を嫌がってしまいがち。そのため歯医者はいかに子どもに対して歯科医への恐怖心を和らげるかどうかが重要なポイントとなってきます。ですから初日にはいきなり検査や治療に入るのではなく指導や説明などが行われます。

また治療にもいかに子どもが痛がらず、怖がらずに行うことができるかについての配慮が求められます。単に痛みが少ない治療だけでなく、子どもがリラックスして治療を受けられるような環境が求められるのです。歯医者や歯科衛生士が積極的に話しかけ、不安を取り除くような配慮が求められます。治療を行うことができたのはいいものの、子どもがすっかり歯医者嫌いになってしまった、では小児歯科としての役割を果たしたとはいえないのです。


また、子どもの虫歯は家庭環境も大きな原因となります。そのため親に対する歯磨きの指導や食事環境のアドバイスなどを行う場合もあります。あるいは定期健診による虫歯予防。小児歯科の場合、虫歯の治療よりも虫歯にならないようにする予防歯科が重要になってきます。小児歯科の歯医者はそういった点に注意しつつ治療を行うのです。